【事例】うつ病で障害厚生年金3級の受給が決定しました

相談者:男性(20代)
傷病名:うつ病
年金の種類:障害厚生年金
等級:3級

▼相談時の状況
仕事が忙しくなったことで休みがなかなか取れず、休日は動けない程に疲れていましたが、眠れない日が続き体調の回復も見込めず病院を受診されていました。なんとか仕事を続けながら通院されていましたが徐々に体調が悪化、仕事にも行けなくなり収入もないことから通院もできなくなってしまいました。その後も仕事ができない状況が続き、お父様と相談にいらっしゃいました。

▼請求までのサポート
ヒアリングの際は必ずお父様が付き添っていらっしゃいました。医師に日常生活での不便さが伝えきれていなかったため、相談者様の依頼を受け医師と面談しました。相談者様の日頃の体調や日常生活の様子、家族からの支援について具体的にお伝えし診断書の作成をお願いしました。

▼結果
書類提出後、約3ヶ月で障害厚生年金3級の決定となりました