【事例】慢性腎不全(人工透析)で障害厚生年金2級の受給が決定しました

相談者:男性(50代)
傷病名:慢性腎不全
年金の種類:厚生年金
等級:2級 

▼相談時の状況
健康診断で高血糖を指摘され受診したところ糖尿病の診断を受けました。お仕事が激務で体調が悪化し何度も入院し治療を行ってきましたが、腎機能が低下し透析を受け始めました。透析を継続していますが、片目の痛みとだんだんと見えなくなっていく症状も出てきていました。お知り合いからのご紹介でご相談いただきました。

▼申請までのサポート
透析に通いながらお仕事もされていますので、限られた時間でのヒアリングでしたが、過去に保険請求した書類等ご準備いただき、入院の記録や受診記録など経過を辿ることができました。またご相談者様から主治医に日常生活で困っていることなどお話してくださっていましたので診断書の作成もスムーズでした。

▼結果
書類提出後約3ヶ月で障害厚生年金2級の受給が決定しました。